うたたねの時間

単身赴任のネット環境は容量無制限のモバイルWiFiがコスパ最強!

time 更新日:2020/03/10

単身赴任のネット環境は容量無制限のモバイルWiFiがコスパ最強!

単身赴任が決まり、まずそろえ始めるのが家電や生活用品。

準備が一段落して、 次に考えるのがインターネット環境ではないかと思います。

スマホだけで生きていけるっていう方もいるかと思いますが、やはりノートPCやタブレットを使ってネットや動画をみることも多いと思います。

そんなときには、やはりインタネット環境を準備する必要がありますよね。

そこで、 単身赴任を3年経験した私が、モバイルWiFiをおすすめする理由と、 単身赴任に最適なモバイルWiFiのサービスをいくつか紹介していきます。

大変な単身赴任生活を、少しでもお得に楽しく過ごせるお手伝いができればと思います。

単身赴任でネット環境使うならデータ容量無制限のモバイルWiFiが一押し!

単身赴任先でのインターネット環境の選択肢

単身赴任先でインターネット環境を準備するなら、考えられる代表的な方法は、以下3つかと思います。

  • スマホのテザリングを使う
  • 光回線を引いてWiFi環境を構築する
  • モバイルWiFiを使う

それぞれのメリット・デメリットを説明していきます。

スマホのテザリングを使う

インターネット環境を用意する上で、一番簡単なのがスマホのテザリングを用いたインターネット環境だと思います。

スマホの設定を少し変えるだけで簡単に使えるのでとても便利です。

ただし、テザリングしていない時間が続くと、再度設定が必要になるため面倒です。

さらに、スマホで契約したデータ容量がそのままデータ通信量の上限となります。

そのため、 自宅でネットや動画を見る場合、すぐにデータ容量を使い切ってしまいます

最近では、データ容量が多いプランもありますが、月額利用料金がかなり高くなってしまいます。

光回線を引いてWiFi環境を構築する

次は、単身赴任先に光回線を引く方法です。

自宅に光回線を引いて、WiFi環境を構築している方も多いと思いますが、 インターネットを快適に使うためには、光回線+WiFiが一番のおすすめになります。

その反面、コストが一番かかるのも光回線。

光回線のホームページ上の金額だけ見ると一見安く感じますが、 プロバイダー料金やルーターのレンタル料金が含まれていないのです。

そのため、光回線の利用料+プロバイダー料金やルーターのレンタル料金で、月額料金もアパートでの生活だとして、月額5000円を超える費用がかかります。

さらに、2年縛りが普通で工事が必要で、工事費用が高いなど、初期費用や解約費用なども上乗せされます。

ゲーミングPCなどを持っていて、ネットでゲームをバリバリやる方以外には、単身赴任にはおすすめしない環境ではあります。

データ容量無制限のモバイルWiFiを使う

最後になりますが、 私が実際に単身赴任のときに使っていたのが、データ容量無制限のモバイルWiFiです

スマホなどでは、データ容量の上限が決まっているものが多いですが、モバイルWiFiの場合、どんなに使っても制限がかからないものがあります。

私が単身赴任していたときは、当時楽天モバイルが提供していたモバイルWiFiを契約していましたが、 月々3500円程度で無制限で利用していました。

仕事から帰ってきて動画を見ることが多かったのですが、動画を見る分には速度的にも問題ありませんでした。

また、持ち運びができるので、単身赴任先と自宅を往復する際も、モバイルWiFiを持ち歩くことで、スマホのデータ容量を節約することができました。

そんな私の経験から、単身赴任のインターネット環境として一番おすすめするのは、モバイルwifiを使ったインターネット環境になります。

データ容量無制限のモバイルWiFiなら動画もSNSも見放題

ここまで、簡単に単身赴任先でのインターネット環境を構築するための方法を紹介してきました。

単身赴任は2重生活になるため、やはり 少しでも生活にかかるコストを抑えたいものです。

そういった点からも選択肢としては、やはりモバイルWiFiを選択するのがおすすめです。

また、単身赴任だと自分の時間が結構できるので、ついつい動画やSNSを見がちです。

それもで、データ容量無制限のモバイルWiFiを使っていれば、 ギガ不足や追加料金を気にすることなく、動画やSNSを好きなだけ見ることができます

そんなことからも、モバイルWiFiは単身赴任には最強のインターネット環境となるのです。

スマホのプラン変更でモバイルWiFiが無料で使える場合も!

モバイルWiFiは、モバイルというだけあって持ち運びができるWiFiです。

この持ち運びができるというのが大事なポイントで、スマホのプラン次第では、 モバイルWiFiが無料で使える場合があります。

一例ですが、ドコモを契約して、カケホーダイ(1700円)+ギガホ(6980円)のプランに加入している場合、 1ヵ月で8680円がかかります。

ギガホプランは30GBまでしか使えないので、一人暮らしならアッという間に使い切ってしまうデータ容量です。

ここで、モバイルWiFiを使ったプランを紹介します。

同じくドコモで、カケホーダイ(1700円)+ギガライト(2980円)に加入し、基本的な通信はモバイルWiFi(3680円)で行った場合、 1ヵ月で8360円となります。

モバイルWiFiを持ち歩くことを前提にスマホのプランを変更することで、実質モバイルWiFi分が無料で使うことが可能となります。

データ容量無制限のモバイルWiFiおすすめサービス

それでは、現在データ容量が無制限のモバイルWiFiサービスがいくつかありますが、安くておすすめのモバイルWiFiサービスを紹介します。

それぞれ特徴があるので、自分にあったサービスを選んでくださいね。

クラウドWiFi

クラウドWiFi

まず最初に紹介するのは、「クラウドWiFi」です。

クラウドWiFiは、 今話題のクラウドSIMを採用しているため、繋がりやすいのが特徴です。

docomo、Softbank、auの回線のなかで、繋がりやすい回線を選んでくれるので、地方でも使える確率が高くなります。

さらに、解約違約金が無料となっていて、データ容量も契約期間も縛りがない、今一押しのモバイルWiFiです。

クラウドSIMを使ったモバイルWiFiのなかで、月額利用料は最安値の完全定額の3380円です。

最低期間の1ヵ月が過ぎれば、いつでも無料で解約が可能です。

3か月や半年、1年くらいの短期間だけ使いたいといった方には、解約違約金が無料のクラウドWiFiがおすすめですね。

もちろん、2年や3年の契約でも、月々の負担が少なくて済むのでおすすめです。

月額利用料 3380円(税抜き)
データ容量  無制限
初期費用 3980円(税抜き)
解約費用 なし
利用回線 docomo、Softbank、au
速度制限 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合

公式ホームページ:クラウドWiFi

どんなときもWiFi

次に紹介するのは、最近テレビCMなどでも露出が多い「どんなときもWiFi」です。

あまりにも人気があるため、一時在庫切れが発生したこともあります。

「どんなときもWiFi」の特徴は、 利用する回線がdocomo、Softbank、auと大手キャリアの回線を使っていること。

そのため、 日本中ほとんどの場所で利用することが可能です。

また、1日3ギガや3日で10ギガといった速度制限がないため、思う存分動画を視聴することもできます。

さらに、 手続き不要で海外107ヶ国でも利用することができるので、海外出張が多い方も「どんなときもWiFi」1台あれば、面倒な手続きが必要ありません。

※海外利用時は別途料金が発生致します。

ただし、解約費用がかかるので、長期間利用される方向けのサービスとなります。

月額利用料 3480円(税抜き)※2年定額
データ容量  無制限
初期費用 3000円(税抜き)
解約費用 0~12ヶ月目:19000円(税抜き)
13~24ヶ月目:14000円(税抜き)
26ヶ月目以降:9500円(税抜き)
利用回線 docomo、Softbank、au
速度制限 著しくネットワークを占有するレベルの大容量通信をされた場合

公式ホームページ:どんなときもWiFi

縛りなしWiFi

まず最初に紹介するのは、「縛りなしWiFi」です。

「縛りなしWiFi」は、サービス名のとおり 契約期間の縛りがないため、単身赴任の期間が短い方も気兼ねなく利用できるモバイルWiFiサービスです。

こちらは、 3年間縛りのプランもあり、月額2800円と激安になります。

単身赴任期間が3年と決まっている方には、3年縛りプランもおすすめです。

ただし、速度制限があるため、1日の使用量に注意が必要なモバイルWiFiです。

月額利用料 3300円(税抜き)
データ容量  無制限
初期費用 無料
解約費用 なし
利用回線 WiMax、Softbank
速度制限 2GB/1日

公式ホームページ:縛りなしWiFi

SAKURA WiFi

SAKURA WiFi

次に紹介するのは、「SAKURA WiFi」です。

いつやめても解約金無料なので、短い期間の単身赴任の方も安心して使うことができるモバイルWiFi。

通信には、 Softbank回線を利用しているので、速度も通信エリアも安心です。

モバイルWiFiによくある、1日3ギガや3日で10ギガといった 速度制限がないため、思う存分動画を視聴することもできます。

モバイルWiFiを使う上で、心配になるのが電波状況。

Softbank回線を使っているからと言って、実際に使ってみないと電波状況がわからないのも事実です。

でもSAKURA WiFiなら、そんな心配も問題ありません。

万が一、通信速度が遅かったり、たまに電波が入らないなど、思った性能が出ない場合、1ヵ月以内なら初期費用も含めた全額返金保証がついています。

ただし、返却処理手数料の1000円(税抜き)だけはかかりますが、それでもかなりお得です。

気になる月額利用料は、ずっと定額の3680円。

ただし、申し込み時にクーポンコードを入力しないと4500円になりますので、クーポンコードの入力を忘れずに。

クーポンコード:sakurasaku

月額利用料 3680円(税抜き)
データ容量  無制限
初期費用  3000円(税抜き)
解約費用 なし
利用回線 Softbank
速度制限 回線元の判断により短期間で膨大なデータ量の消費または、異常な通信量とみなされた場合

公式ホームページ:SAKURAWiFi

単身赴任のネット環境まとめ

ここまで、単身赴任先のインターネット環境について紹介してきました。

単身赴任は生活環境が激変するだけでなく、生活費が2重でかかるので負担が大きいのが現実です。

そんな中で、インターネット環境を整えるなら、 月々の利用料が安く済むモバイルWiFiが最適だと思います。

自分の経験ですが、単身赴任中の最初は物珍しく観光などに出歩くのですが、懐も余裕がないのでだんだんと一人で部屋で過ごすことが多くなります。

そうなってくると、動画を見て時間を過ごすことが多くなっていきました。

ご自分の環境にあったサービスを選んで、大変な単身赴任生活を少しでも快適にする工夫をしてみてはいかがでしょうか。

クラウドWiFi

月額利用料:3380円

公式ホームページ:クラウドWiFi

どんなときもWiFi

月額利用料:3480円

公式ホームページ:どんなときもWiFi

縛りなしWiFi

月額利用料:3300円

公式ホームページ:縛りなしWiFi

SAKURA WiFi

月額利用料:3680円

公式ホームページ:SAKURAWiFi

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。