モバイルWiFi

繋がりやすいクラウドSIMのメリットとデメリットを解説

繋がりやすいクラウドSIMのメリットとデメリットを解説

今、モバイルWiFi界隈で話題になっているクラウドSIM。

なんとなくクラウドSIM対応のモバイルWiFiが良いのはわかっても、いまひとつ踏み切れない方も多いと思います。

そんな方のために、この記事ではクラウドSIMのメリットとデメリットを紹介したいと思います。

クラウドSIM対応のモバイルWiFiの契約を迷っている方は、ぜひ参考にしてみてください。

クラウドSIMのメリットとデメリットを解説

クラウドSIMのおさらい

まず最初に、クラウドSIMについて簡単におさらいをしておきます。

SIMとは、スマホなどの通信機器が、通信するための情報を保存しておくためのものです。

一般的なSIMの使い方は、スマホやモバイルWiFiなどの通信機器にSIMカードを挿すことで、通話やネットの閲覧ができるようになります。

SIMカードの仕組み

では、クラウドSIMと通常のSIMカードでは何が違うのでしょうか。

クラウドSIMの場合、通信に必要な情報がクラウド上で管理されているため、SIMカードが必要ありません。

クラウドSIMの仕組み

通信に必要な情報を、通信機器内に持たせるのでなく、通信機器の外であるクラウド上で管理しているのがクラウドSIMになります。

クラウドSIMのメリット

クラウドSIMのメリット

まずは、クラウドSIMのメリットから解説していきます。

クラウドSIMのメリットとして挙げられるのは、主に以下の3つになります。

クラウドSIMは繋がりやすい

最初のメリットは、クラウドSIMは繋がりやすいということ。

通常のSIMカードの場合、SIMカードと通信回線は1対1での通信となります。

そのため、SIMカードに対応した通信回線の電波が届かない場所は、通信ができません。

クラウドSIMの場合、SIMと通信回線は1対他での通信となります。

たとえば、ドコモ回線は通信できるけど、au回線は通信できない場所があるとします。

この場合、au回線を使った通常SIMカードの場合、通信ができなくなります。

しかし、クラウドSIMの場合は、au回線が通信できなくても、ドコモ回線を使って通信を行ってくれるため、問題なく通信ができるようになるのです。

地方や山岳地帯などで、通信できる回線が限られている場所もあります。

そんな場所でも通信ができる回線に切り替えられるので、使えなくなることがとても少なくなります。

クラウドSIMは海外でもそのまま使える

クラウドSIMは、海外でもそのまま使うことができるのが特徴です。

提供している会社により対応している国の数は異なりますが、だいたい主要130国程度に対応しています。

そのため、旅行や出張に行く際に、モバイルWiFiを借りたり、現地のSIMカードを購入する必要はありません。

通信機器の電源を入れ直すだけで、その国の通信回線を選んでくれるのでとても便利なのです。

クラウドSIMはSIMカードの管理が不要

海外でもそのまま使えることに繋がってきますが、クラウドSIMの場合は場所によってSIMカードを入れ替える必要がありません。

SIMカードは、マイクロSIMやナノSIMなど、とても小さいサイズになります。

そのためSIMカードを取り出した場合、専用のケースなどを用意しないと、無くしたり傷が付いて使えなくなることもあります。

でも、クラウドSIMならば、SIMカードを入れ替えることがなく何処でも使えるので、SIMカードを管理する煩わしさから解放されます。

クラウドSIMのデメリット

クラウドSIMのデメリット

次は、クラウドSIMのデメリットを解説していきます。

クラウドSIMのデメリットとして挙げられるのは、主に以下の2つになります。

クラウドSIMは接続先の回線を選べない

まず最初のデメリットですが、自分が使いたい通信回線を自由に選べないことです。

例えば、ドコモやau、ソフトバンクすべての回線が使える場所で、少しでも電波状況が良い回線を自分で選ぶことができません。

通信状況に大きな差がない場合、サービスを提供している会社の都合が良い回線が選択されます。

ここで都合が良いというのは、サービス側の支払い負担が少なくて済む回線という意味です。

また、タイミングによっては、格安SIMの回線に接される場合もあります。

あまり遅い時は、通信機器を再起動すると別の回線に接続してくれるようです。

クラウドSIMに対応したモバイルルーターしか使えない

通常のSIMカードとクラウドSIMの仕組みの違いについては、「クラウドSIMのおさらい」にも書いてある通りです。

クラウドSIMは、通常のSIMカードと仕組みが違うことから、これまでの通信機器では使うことができないのです。

クラウドSIMを使うには、クラウドSIMに対応した通信機器が必要になります。

そのため、クラウドSIMを利用するには、クラウドSIMに対応した通信機器と通信サービスが一体になったモバイルWiFiを契約する方法が一番簡単な方法となります。

クラウドSIMのメリットデメリットまとめ

ここまで、クラウドSIMを使う上での、メリットとデメリットを紹介してきました。

もう一度おさらいしたいと思います。

クラウドSIMのメリットは、

  • 繋がりやすい
  • 海外でもそのまま使える
  • SIMカードを管理する必要がない

の3つでした。

逆にクラウドSIMのデメリットは、

  • 接続先の回線を選べない
  • クラウドSIMに対応したモバイルルーターしか使えない

の2つでした。

クラウドSIMは、新しい仕組みですが、モバイルWiFiの世界では当たり前の仕組みになっていくと思います。

デメリット部分が気にならないようであれば、モバイルWiFiを選ぶ際はクラウドSIM対応のサービスを選ぶことをおすすめします。

モバイルWiFiで大事なことは、やっぱり繋がりやすいことだと思うので。

おすすめのサービスは、「クラウドSIM対応で無制限のモバイルWiFiのおすすめはこれ!」を参照してみてください。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です