うたたねの時間

クラウドSIMとは?モバイルWiFiの新技術で繋がりやすく!

time 更新日:2020/03/03

クラウドSIMとは?

最近、クラウドSIMって言葉を聞くようになったけれど、良くわからないって方も多いと思います。

そんな方のために、クラウドSIMとは何なのか、簡単に解説したいと思います。

特に、これからモバイルWiFi(ポケットWiFi)を借りようと思っている方は、クラウドSIMという仕組みは知っておくべきです。

難しいことは他の方に譲るとして、この記事でざっくりとクラウドSIMについて理解してもらえればと思います。

sponsored link

クラウドSIMでモバイルWiFiはどこでも繋がりやすく

クラウドSIMとは

スマホを使っている方なら、SIMカードは知っているかと思います。

SIMカードはスマホなどの通信機器が、通信するための情報を保存しておくためのものです。

スマホにSIMカードを挿すことで、スマホで通話やネットの閲覧ができるようになります。

SIMカードの仕組み

では、クラウドSIMとSIMカードは何が違うのでしょうか。

SIMカードは、カード内に通信に必要な情報を保存しています。

そのため、SIMカードがなければ通信することができません。

クラウドSIMの場合、通信に必要な情報がクラウド上で管理されているため、SIMカードが必要ないのです。

クラウドSIMの仕組み

通信に必要な情報を、通信機器内に持たせるのでなく、通信機器の外であるクラウド上で管理しているのがクラウドSIMになります。

クラウドSIMだと繋がりやすくなる

通常SIMカード1枚には、通信に必要な情報を1つだけしか保存することができません。

そのため、ドコモのSIMカードはドコモの通信回線しか使えないし、ソフトバンクのSIMカードはソフトバンクの通信回線しか使えないようになっています。

しかし、クラウドSIM場合、クラウド上に複数の通信回線の情報を保存しています。

そのため、電波状況に応じて通信回線を切り替えることができるのです。

クラウドSIMは電波を選んでくれる

出典:どんなときもWiFi

例えばスマホを使っていて、ある場所でauは普通に使えるけど、ドコモは電波が弱い。

ソフトバンクは使えないけど、ドコモは問題ないといった経験はあるかと思います。

しかしクラウドSIMの場合なら、その場所で繋がりやすい回線を自動で選んでくれます。

auが使えてドコモが使えないならauの回線を、ソフトバンクが使えなくてドコモが使えるならドコモの回線を選択してくれます。

この様に、クラウドSIMならドコモ、au、ソフトバンクが繋がる場所なら、必ず使うことができるのでとても便利です。

クラウドSIMのまとめ

ここまで読んでいただいた方は、クラウドSIMがどんなものか、少しは理解してもらえたかと思います。

クラウドSIMは日本国内であれば、ドコモ、au、ソフトバンクのどれか1つでも電波があれば通信が行える優れものです。

ちなみに、クラウドSIMは主にモバイルWiFiで採用が進んでいます。

持ち運びを前提としたモバイルWiFiだからこそ、クラウドSIMの特性がピッタリと合います。

これからモバイルWiFiを借りようと思っている方は、クラウドSIMを使ったサービスを選ぶと良いかと思います。

おすすめのサービスは、「クラウドSIM対応で無制限のモバイルWiFiのおすすめはこれ!」を参照してみてください。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link