QRコード決済

意外と知らないPayPayのバーコード画面を着せ替える方法

意外と知られていませんが、PayPayで支払いを行う際にお店の人に読み取ってもらうバーコード部分。

カード型のデザインになっていますが、実は自分の好みに着せ替えができるのです。

PayPayを使い始めたばかりでも、これを知っていれば昔から使ってた感が出て、支払いの時にちょっと自慢できるかもです。

ここでは、PayPayの着せ替え方法について紹介していきます。

PayPayのバーコード画面を着せ替える方法

PayPay着せ替えカードの設定方法

まずは、PayPayアプリを起動します。

赤枠でかっこっていますが、ホーム画面のメニューアイコン下にある矢印部分をタップします。

PayPay 着せ替え

すると、隠れていた残りのメニューが表示されます。

その中に「きせかえ」メニューがありますので、「きせかえ」をタップします。

PayPay 着せ替え

着せ替え用カードの選択画面が表示されます。

多数のデザインが用意されているので、好みのカードデザインを選びます。

私は、この「ムッシュ」を選ぶことにしました。

PayPay 着せ替え

カードデザインを決めたら、そのカードをタップします。

すると、「設定してホームに戻る」ボタンが表示されるので、ボタンをタップします。

PayPay 着せ替え

ホーム画面に戻ると、選択したカードデザインが設定されています。

PayPay 着せ替え

カード右下の「Tap」をタップすると、カードデザインの裏面も確認することができます。

PayPay 着せ替え

これで、カードデザインの着せ替えが終了です。

コラボデザインは、期間限定で公開されるものが多いので、定期的に着せ替えをするのも楽しみですよね。

着せ替えカードの種類

着せ替え用のカード選択画面では、「コラボ」、「都市」、「オリジナル」のタブが用意されており、それぞれのタブに着せ替え用のカードが用意されています。

それぞれの、カード例を紹介します。

コラボ

映画やアニメなどとコラボしたカードデザインが用意されています。

PayPay 着せ替え

都市

主要都市の特徴をとらえた絵が描かれたカードデザインが用意されています。

今あるのは、「広島」、「静岡」、「埼玉」、「千葉」、「札幌」、「神戸」、「京都」、「名古屋」、「福岡」、「横浜」、「東京」、「大阪」の12都市です。

おしゃれなデザインなので、その都市に住んでいなくても、好きな都市のデザインに着せ替えるのもいいですね。

PayPay 着せ替え

オリジナル

最後は、オリジナルデザインです。

PayPayのCMにも出ている宮川大輔さんを使ったデザインをはじめ、ポップなデザインが多数用意されています。

PayPay 着せ替え

PayPayを着せ替えて普段の支払いも楽しく

ここまで、PayPayのカードデザインの着せ替え方法について紹介してきました。

ちょっと隠れたところにメニューがあるため、最初はまったく気が付きませんでいた。

カードデザインは複数用意されているので、きっとお気に入りのデザインが見つかるはずです。

一応、デフォルトデザインも用意されているので、飽きたらもとに戻すことも可能です。

PayPay 着せ替え

着せ替えなんてちょっとしたことですが、普段の支払いも楽しくできれば良いですね。

皆さんもお気に入りのカードデザインを見つけて着せ替えちゃってください。

私は当面「ムッシュ」で行きたいと思ってます。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です