MENU
ガジェット

完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS Truengine SEを画像付きでレビュー

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

過去記事でも書いていますが、これまで首にかけるタイプのワイヤレスイヤホンを使っていました。

スマホからのケーブルがなくなって、快適ではあったのですが、段々と首からイヤホンまでのケーブルまでも邪魔に感じるようになりました。

そのため、あらたに完全ワイヤレスイヤホンのSOUNDPEATS Truengine SEを購入したので、レビューしたいと思います。

結論としては、SOUNDPEATS Truengine SEは、完全ワイヤレスのイヤホンが欲しいけど、AirPods Proは高くて購入を悩んでいる方におすすめです。

値段もAmazonなら6000円を切っているのでお値打ちです。

完全ワイヤレスイヤホンの購入を検討している方は、参考にしてみてください。

完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS Truengine SEをレビュー

SOUNDPEATS Truengine SEを紹介

SOUNDPEATS Truengine SEの同梱物や外観などを紹介していきます。

まずは、外箱から。

イヤホンの画像が印刷されたシンプルな四角い箱です。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

箱のふたを空けると説明書が乗っており、その下に充電ケースと付属品が収まっています。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

箱の中身は、イヤホンが入った充電ケース、大・中・小のイヤーピース、充電用ケーブル、説明書がはいっています。

中サイズのイヤーピースは、イヤホン本体に初めから装着された状態となっています。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

充電ケースの表面には、SOUNDPEATSのロゴがプリントされており、かなり小さめのケースとなっています。

ケースは丸く、角張っていないため、手に馴染む形で持ちやすいです。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

ふたを開けると、イヤホン本体が収納されています。

収納時に右左を間違わないように、LRの文字も見えますね。

通常、左のイヤホンは左側に、右のイヤホンは右側に収納するので、間違うことはないかと思いますが。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

充電ケース正面には、充電状態がわかるように4つのLEDランプが配置されています。

ケースのふたを開けると確認できるよになっています。

充電がなくなったときは、LEDランプが1つで点滅した状態となります。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

イヤホン本体を取り出したところです。

イヤホンの裏側はスケルトンになっており、ドライバー中の構造が見られます。

ガジェット好きにはたまらないギミックですね。

耳に装着したときは、スケルトンの部分は見えなくなります。

中サイズのイヤーピースが装着された状態です。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

Sのマークがあるところが操作ボタンとなっています。

ボタンはクリック感があるので、操作したことがわかりやすくなっています。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

イヤホン本体を受電ケースに戻すとSマークのLEDが赤く光り、充電を開始したことがわかります。

充電が終わればLEDは消灯します。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

重さですが、イヤホン片側の重さは5gと、かなり軽めの部類に入るかと思います。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

充電ケース込みの重さは54gで、こちらもかなり軽い部類になります。

ちなみに、AirPods Proの場合、56gとなります。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

充電ケースの充電端子は、残念ながらmicroUSBとなっています。

USB-Cだとケーブルが少なくて済むので助かりますが、ここらへは価格を安くするために割り切った部分かと思います。

SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

充電ケーブルを繋げると、LEDが点灯して充電中であることがわかります。SOUNDPEATS Truengine SEレビュー

SOUNDPEATS Truengine SEの使用感

気になる使用感ですが、音質は比較的良い部類だと思います。

これまで使っていたFunCeeのワイヤレスイヤホンよりは、格段に音質が良いです。

個人的には重低音が厚いイヤホンが好きなのですが、必要以上に重低音を強調する音質でなく、自然な感じで聞きやすいです。

また、耳に入れた感じでも違和感なく、重さも感じることはないですね。

イヤホンの色が黒なのも気に入っている部分です。

操作時のボタンの具合ですが、最初はちょっと力が必要だなと感じましたが、慣れればクリック感があるので操作したことがわかりやすくて良いです。

一度の充電で6時間も使えるため、長時間の移動でも充電が必要ないのがありがたいです。

SOUNDPEATS Truengine SEの特徴

それでは、SOUNDPEATS Truengine SEの特徴を簡単に紹介したいと思います。

デュアルドライバー採用で高音質

SOUNDPEATS Truengine SEレビューSOUNDPEATS Truengine SEは、高音域強化ドライバーと低音域強化ドライバーの2基を搭載するデュアルドライバーとなっています。

そのため、高音が強かったり、逆に低音が目立って気になるといったことがなく、バランスの良いイヤホンとなっています。

最近、デュアルドライバーのイヤホンが多くなりましたが、この値段でデュアルドライバー搭載モデルはまだ少ないのでお得感満載です。

TWS Plusに対応

SOUNDPEATS Truengine SE TWS

SOUNDPEATS Truengine SEは、Qualcomm独自の左右独立通信テクノロジーTWS Plus(TrueWireless Stereo Plus)に対応しています。

TWS Plusは、規格に対応するスマートフォンを使用することで、左右のイヤホンは独立してスマートフォンに接続される仕組みです。

これまでは、片方のイヤホンだけがスマホと接続され、もう片方は、スマホと接続された方を経由して信号を受け取る形でした。

イヤホン左右間での通信が無くなることで、信号伝送の安定性が上がり、より接続が切れにくくなっています。

TWS Plusのおかげで、左右どちらかの片側のイヤホンだけも音楽を聞くことができるようになります。

音楽を聴きながら会話をする際など、左右どちらかのイヤホンをケースにしまっても大丈夫なので、とても便利です。

SOUNDPEATS Truengine SEの使用時間

気になるSOUNDPEATS Truengine SEの使用時間ですが、こんな感じです。

  • イヤホン単体:6時間以上
  • 充電ケース込み:27時間以上
  • 満充電:1.5時間

さらに、15分の充電で2時間も使える急速充電対応です。

外出先で充電がなくなっても、ケースに15分入れておけば2時間も使えてしまいます。

また、ケースで充電する場合、イヤホンを3.5回分充電することが可能となっているので、頻繁にケースを充電する必要がないのでとても楽です。

ちなみに、AirPods Proの場合最大4.5時間、ケースのバッテリーと合わせて24時間となっています。

SOUNDPEATS Truengine SEの方が長い時間使えることがわかりますね。

SOUNDPEATS Truengine SEのスペック

SOUNDPEATS Truengine SEのスペックは、以下のとおり。

搭載SoCQualcomm社製QCC3020
対応コーデックaptX、AAC、SBC
接続方式TWS,TWS Plus
通信方式Bluetooth ver.5.0
防水性能IPX4相当
再生時間6時間以上

Bluetoothは最新のバージョン5.0なので、通信が安定して途切れることも少ないです。

また、防水性能もIPX4相当なので、ランニングやトレーニング時の汗程度であれば問題なく使えます。

SOUNDPEATS Truengine SEの使い方

ここでは、SOUNDPEATS Truengine SEのペアリング方法や、操作方法について紹介していきます。

とても簡単に使えるので、購入の参考にしてみてください。

SOUNDPEATS Truengine SEのペアリング方法

ワイヤレスイヤホンを使うためには、ペアリングが必要となります。

SOUNDPEATS Truengine SEのペアリングを行うためには、左右のイヤホンを充電ケースから取り出します。

そうするとペアリングが自動で始まるので、スマートフォンのBluetooth接続画面を開きます。

使用可能なデバイス欄に「SOUNDPEATS Truengine SE」が表示されるので、タップして選択します。

SOUNDPEATS Truengine SEペアリング

片方のイヤホンがペアリングされたのち、もう片方のペアリングを要求するメッセージが表示されます。

ここでは、必ず「ペアリング」を選択してください。

ここで、2回ペアリング操作をすることで、両方のイヤホンのペアリングが行われます。

SOUNDPEATS Truengine SEペアリング

下の画像の様に、ペアリングされたデバイスに「SOUNDPEATS Truengine SE」と「SOUNDPEATS Truengine SE L」が表示されたら成功です。

SOUNDPEATS Truengine SEペアリング

一度ペアリング操作を実施すれば、あとは充電ケースからイヤホンを取り出すだけで、自動で接続してくれるようになります。

SOUNDPEATS Truengine SEの操作

次に、SOUNDPEATS Truengine SEの操作方法を紹介します。

基本操作は、すべてイヤホンのボタンを使って操作します。

SOUNDPEATS Truengine SEで出来る主な操作は、以下のとおり。

電源を入れる自動電源オン:充電ケースからイヤホンを取り出す
手動電源オン:ボタンを1.5秒長押し
電源を切る自動電源オフ:イヤホンを充電ケースに入れる
手動電源オフ:ボタンを8秒長押し
再生/一時停止ボタンを1回押す
音量を上げる右耳のボタンを2回押す
音量を下げる左耳のボタンを2回押す
前の曲左耳のボタンを1.5秒押す
次の曲右耳のボタンを1.5秒押す
電話を受ける/切るボタンを1回押す
電話を拒否するボタンを1.5秒押す
音声アシスタントボタンを3回押す

結構いろいろな操作ができるので、慣れるまで少し戸惑いますが、自然と使えるようになります。

SOUNDPEATS Truengine SEのレビューまとめ

ここまで、完全ワイヤレスイヤホンのSOUNDPEATS Truengine SEについて、開封から使い方までのレビューを紹介してきました。

6000円弱で買える完全ワイヤレスイヤホンとしては、とても良くできたお買い得のイヤホンだと思います。

残念なところとすれば、充電端子がMicroUSBくらいなもの。

ノイズキャンセリングが欲しいなら、AirPods Proをおすすめしますが、SOUNDPEATS Truengine SE5台分の値段がします。

AirPods Proが高くて買えないって方には、SOUNDPEATS Truengine SEはおすすめですよ。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です