うたたねの時間

1万円以下でコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンおすすめを4つ紹介

time 公開日:2020/03/20

完全ワイヤレスで1万円以下のコスパ最強イヤホンおすすめを4つ紹介

最近は、ワイヤレスイヤホンでも遅延や接続切れがほとんどなくなりました。

そのため、イヤホンのケーブルが邪魔で、ワイヤレスイヤホンの購入を検討している方も多いはず。

完全ワイヤレスイヤホンの代表といえばAirPods Proですが、3万円以上するため正直手が出しづらいですよね。

この記事では、完全ワイヤレスイヤホンの初心者でも購入しやすい、コスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンを紹介しています。

5千円前後のモデルもあるので、万が一片方無くしてもAirPods Proほどのショックはありませんよ。

sponsored link

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶポイント

1万円以下完全ワイヤレスイヤホンおすすめ

再生時間が長いものを選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンはワイヤードイヤホンと違って、バッテリーで動作します。

そのため、バッテリーの容量が少ないと、頻繁に充電が必要になるだけでなく、いざという時に充電切れで使えないなんてことも。

最近は、一度充電すれば5時間以上使えるものが多くなりました。

なるべく一度の充電で再生時間が長いものを選ぶと、充電の手間が省けて使い勝手が良いです。

コーデックがAAC・aptx対応を選ぶ

イヤホンにおけるコーデックとは、簡単に説明すると電気信号を音楽に変換する仕組みのこと。

コーデックには様々な規格があり、コーデックの種類によって、再生される音楽の音が変わってきます。

目安としては、iphoneの場合はAAC対応、androidの場合はaptx対応のワイヤレスイヤホンを選ぶことで、きれいな音で音楽を聴くことができます。

ほんとに音にこだわる場合、そもそもワイヤレスイヤホンを選ばないと思うので、AAC・aptx対応のワイヤレスイヤホンであれば大丈夫です。

好みの形を選ぶ

完全ワイヤレスイヤホンは、大きくわけてAirPodsを代表とするうどん型と、耳の中に納まるタイプの2種類あります。

それぞれのタイプでも、大きさや形はモデルによって特徴がことなるので、自分の好みの形を選ぶことが大切です。

また、カラバリが豊富なワイヤレスイヤホンもあるので、ありきたりな白黒は嫌な方は、ブルーやピンクなんかを選ぶと差別化できて良いですね。

1万円以下でコスパ最強のおすすめ完全ワイヤレスイヤホンを紹介

それでは、1万円以下だけど音質も性能も良い高コスパな完全ワイヤレスイヤホンを4つ紹介します。

Amazonでは、格安の完全ワイヤレスイヤホンが売られていますが、正直品質は良くないものばかりです。

ここで紹介しているものは、評価が高いものばかりなので、お気に入りのイヤホンが見つかればと思います。

SOUNDPEATS Truengine SE

SOUNDPEATS Truengine SE

最初に紹介するのは、SOUNDPEATS Truengine SEエンジンです。

このワイヤレスイヤホンは私も使っているもので、使いやすく音質も良いため気に入っているイヤホンです。

耳の穴にぴったりとフィットする形状で、ケースも手のひらサイズでとても持ちやすくなっています。

SOUNDPEATSは、アマゾンジャパンでの出店を契機に人気を博し、現在はLoft、ヨドバシ、ビックカメラなどの量販店でも展開しています。

SOUNDPEATSの特徴は低価格帯でありながら、高額なイヤホンに負けない高機能が売りのメーカーです。

SOUNDPEATS Truengine SEの主な仕様は以下のとおりです。

  • 対応コーデック:aptX、AAC、SBC
  • 接続方式:TWS Plus
  • 通信方式:Bluetooth ver.5.0
  • 防水性能:IPX4相当
  • 再生時間:6時間以上(ケースとの組み合わせで計27時間以上)

SOUNDPEATS Truengine SEの詳細は、「完全ワイヤレスイヤホンSOUNDPEATS Truengine SEを画像付きでレビュー」を参照してください。

ヤマハTW-E3A

ヤマハTW-E3A

続いては、YAMAHA TW-E3Aです。

ヤマハから始めて発売された完全ワイヤレスイヤホンです。

同時に3タイプが発売され、このTW-E3Aは一番したのモデルになりますが、ヤマハだけあって音にこだわったイヤホンとなっています。

TW-E3Aの特徴は、音量に合わせて、音のバランスが最適になるように補正してくれるところ。

自然で聴きやすい音を再現して、過度な音量アップによる耳への負担を抑える仕組みとなっています。

YAMAHA TW-E3Aの主な仕様は以下のとおりです。

  • 対応コーデック:aptX、AAC、SBC
  • 接続方式:TWS Plus
  • 通信方式:Bluetooth ver.5.0
  • 防水性能:IPX5
  • 再生時間:6時間以上(ケースとの組み合わせで計24時間以上)

TW-E3Aは、カラバリが豊富で、ブラックとホワイトの他に、スモーキーブルーとスモーキーピンクがラインナップされているため、女性にもおすすめの1台です。

SOUNDPEATS TrueAir

SOUNDPEATS TrueAir

続いては、SOUNDPEATS TrueAirです。

こちらも最初に紹介したSOUNDPEATSから発売されている完全ワイヤレスイヤホンで、AirPodsタイプのイヤホンとなります。

耳をふさぐカナルタイプが苦手な方は、こちらインナーイヤータイプがおすすめです。

一度の充電でイヤホン単体で5時間以上再生可能で、AirPods(3.5時間)よりも長く使うことが可能です。

SOUNDPEATS TrueAirの主な仕様は以下のとおりです。

  • 対応コーデック:aptX、AAC、SBC
  • 接続方式:TWS Plus
  • 通信方式:Bluetooth ver.5.0
  • 防水性能:IPX4相当
  • 再生時間:5時間以上(ケースとの組み合わせで計30時間以上)

SOUNDPEATS TrueAirのカラバリはホワイトの他、ブルーも用意されています。

Anker Soundcore Life P2

Anker Soundcore Life P2

最後に紹介するのが、Anker Soundcore Life P2です。

Ankerは、モバイルバッテーリーや充電器などスマートフォンのアクセサリーで人気のメーカーです。

Soundcore Life P2の特徴は、ケースとの合わせで40時間という長い再生時間を実現しているところ。

1日3時間程度使ったとしても、10日以上も充電が不要となるので、頻繁に充電する必要がありません。

Anker Soundcore Life P2の主な仕様は以下のとおりです。

  • 対応コーデック:aptX、AAC、SBC
  • 通信方式:Bluetooth ver.5.0
  • 防水性能:IPX7
  • 再生時間:7時間以上(ケースとの組み合わせで計40時間以上)

1万円以下でコスパ最強の完全ワイヤレスイヤホンのまとめ

ここまで、1万円以下でおすすめの完全ワイヤレスイヤホンを紹介してきました。

完全ワイヤレスイヤホンを選ぶ基準として、

  • 再生時間が長い
  • コーデックがAACかaptx対応
  • 好みの形であること

をあげましたが、好みは人それぞれちがうので別として、紹介したモデルは2つの基準を満たしています。

最初に買う完全ワイヤレスイヤホンとして、好みのものが見つかればと思います。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link