うたたねの時間

BRITA(ブリタ)の交換カートリッジの種類と特徴

time 更新日:2018/08/25

ポット型浄水器のBRITA(ブリタ)は、ウォーターサーバーと違い定期的にカートリッジの交換が必要となります。

カートリッジを交換するという若干の手間をかけることで、手間といっても2ヶ月に1回、カートリッジを交換するだけですが、ウォーターサーバーよりも格段に手軽な値段で美味し水を飲むことができます。

そんなブリタの浄水ポットですが、交換するカートリッジにいくつか種類があるので、特徴とともに説明していきます。

sponsored link

BRITA(ブリタ)の交換カートリッジの種類と特徴

MAXTRA(マクストラ)

後述していますが、CLASSICカートリッジの後継として、新たに販売されたのがMAXTRA(マクストラ)カートリッジです。

それまでの縦長のフォルムから、横長のフォルムに変更され、より効率良く水の汚れをろ過できるようになりました。

水をろ過する際に、水がカートリッジ内を自然なスピードで流れる様に設計されているため、ろ材との理想的な接触時間が生まれ、CLASSICカートリッジよりも、まろやかでおいしい水が作れるよになりました。

MAXTRAカートリッジは、12項目の浄水能力をクリアしていて、活性炭とイオン交換樹脂の働きで、ニオイや味に影響する物質を、今まで以上にしっかり除去します。

カートリッジで除去してくれる水に含まれている不純物は以下のとおりです。

  • 遊離残留塩素
  • 溶解性鉛
  • 総トリハロメタン
  • 2-MIB(かび臭)
  • CAT(農薬)
  • テクラクロロエチレン
  • トリクロロエチレン
  • 1.1.1-トリクロロエタン
  • クロロホルム
  • ブロモジクロロメタン
  • ブロモホルム
  • ジプロモクロロメタン

水道水には、これだけたくさんの不純物が不純物が含まれていると思うとびっくりしますが、これだけたくさんの不純物を取り除いてくれるのですから、ブリタで作った水が美味しくなる理由もわかりますよね。

MAXTRA+(マクストラ プラス)

次に紹介するのは、MAXTRAカートリッジを改良したMAXTRA+(マクストラプラス)カートリッジです。

カートリッジ上部のフォルムが流線型になり、カートリッジを取り外す際の取っ手も、心もとないタイプから変更になりました。

MAXTRAカートリッジでは、ブリタ本体から取り外す際の取っ手が、焼き肉のたれなどの封を開ける際に引っ張る輪っか部分のような形で、本体から取り外す際に取っ手部分が切れてしまいそうでしたが、MAXTRA+カートリッジになり、横から掴むタイプに改良されています。

私もMAXTRA+カートリッジを購入して使っていますが、カートリッジの交換が楽になりました。

そして、変わったのはカートリッジの形だけでなく、もちろんろ過性能もアップしています。

カートリッジ内での水の取り回しを改良することで、フィルターの表面積を20%拡大。

そのおかげで、カートリッジがろ過する12項目の不純物のうち、9項目でMAXTRAカートリッジよりも除去率がアップしています。

これからブリタを購入される方は、MAXTRA+カートリッジを購入することをおすすめします。

CLASSIC(クラシック)

最後に、CLASSIC(クラシック)ですが、このカートリッジは旧型の浄水用のカートリッジで、明らかに現行のカートリッジと形が異なるため、間違える心配がありません。

現在は、CLASSICカートリッジを使う浄水ポットは販売されていないため、古いブリタを今でも利用されている方向けのカートリッジとなります。

旧式のカートリッジですが、この頃からすでに、ろ材の「イオン交換樹脂」「活性炭」の働きで、塩素、総トリハロメタン、鉛や一時硬度などのニオイや味に影響する物質をしっかり取り除く力を持っていました。

日本仕様と平行輸入品について

Amazonや楽天市場では、日本仕様と平行輸入品のカートリッジを購入することができます。

日本仕様と平行輸入品の違いは、日本仕様の場合、日本の水に合わせてろ過材の調整がされているため、より美味しい水が作れるようになっています。

では、平行輸入品だと問題があるのかと言えば特に問題もなく、私は平行輸入品を使っていますが、問題なく美味しい水を飲めています。

こだわる方は日本仕様を購入することをおすすめしますが、日本仕様の方が平行輸入品よりカートリッジの購入価格が高くなりますので、費用対効果でどちらを選ぶか決めてもらえればと思います。

ブリタのカートリッジまとめ

ここまでブリタのカートリッジの種類と特徴を説明してきましたが、購入するのはMAXTRA+カートリッジ一択となるかと思います。

あとは、費用対効果で日本仕様のカートリッジを選ぶか、平行輸入品のカートリッジを選ぶかになります。

ブリタのカートリッジは、2ヵ月に一度交換するだけなので、とてもコスパに優れています。

水は生活の必需品。必ず毎日口にするものです。ぜひ、ブリタの浄水ポットを使って、美味しい水を手軽に飲める生活を手に入れてみてください。

関連記事>>ブリタのカートリッジは楽天でまとめ買いがお得です

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link