うたたねの時間

うらやましい!フランス、暗号通貨の税率を45%から19%に!!

time 公開日:2018/04/28

sponsored link

フランスからグッドニュースが!

仮想通貨全般ですが、ゴールデンウイーク前に若干、利益確定の売りがありましたが、また買いが入ってきたようですね。そんな中で飛び込んできたニュースこちらです。

仮想通貨の税率を45%から19%へ引き下げ

「フランス国家評議会は暗号通貨の所得税率を従来の最大45%から一律19%に引き下げることを決定した。これにより市場への投資を促すことを期待する。」

これはフランス、思い切った政策ですね。ただし、マイニングで得た利益は、これまで同様45%の税率となるらしいです。これを機会に、ヨーロッパでの仮想通貨市場が盛り上がってくれるといいですね。

ここ最近、規制をかけることばかりだったので、仮想通貨市場にとってプラスとなるニュースだと思います。規制すべきは仮想通貨自体ではなく、マネーロンダリングなどの不正に使われていることだと思います。

仮想通貨は、アメリカ・日本・中国・韓国で取引量のほとんどを占めています。ヨーロッパの大きな市場が仮想通貨に流れ込んできたら、きっと爆上げすること間違いなしですよね。

日本の税率は高い

日本は、仮想通貨で得た利益は、雑所得として扱われ、15%から最大55%(住民税の10%込み)と、とても高い税率となっています。この税率が低くなれば、仮想通貨に投資したお金を現金化しやすくなるので、流動性が生まれて、参加する人が増えてくれば、全体的な底上げが期待できますね。

ただ、これまで税金が安くなるのを待っていたガチホ勢が、軒並み利益確定をはじめて、最初は仮想通貨の相場も下がることが予想されます。ただ、長い目で見れば、仮想通貨市場が盛り上がる方向に動くでしょう。

SBIホールディングスもいよいよ開始か

また、日本では夏ごろにはSBIホールディングスの仮想通貨取引所が、本格的に始動するとのニュースも入ってきています。取引対象は、ビットコイン、イーサリアム、XRP、ビットコインキャッシュの4種類とのことで、特にXRPとビットコインキャッシュに力を入れていくようです。XRPとビットコインキャッシュのホルダーとしては、うれしいニュースです。

さらにスプレッドは、業界最小を目指し、取引所開始から、あっという間にナンバーワンを目指すと豪語するなど、頼もしい発言が聞かれます。

1月の暴落から、コインチェックのNEM流出事件を経て、低迷を続けていた仮想通貨市場も活気を取り戻しつつあります。今後も良いニュースが立て続けに流れてくれば、ゆっくりと値上がりしていくと思います。仮想通貨市場は、やっと歩き始めたばかりの子どものと同じ。まだ、これからどんどんと大きくなる市場です。

また、既得権益にまみれたおじさんたちが、変な規制をぶち上げてくれないことを祈るばかりです。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安SIMのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安SIMユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link