うたたねの時間

IIJmioのつながる端末補償なら前キャリアのスマホも修理・交換に対応!

time 更新日:2019/10/14

不意の故障や画面の破損に備えて、スマホの補償に入っている方も多いと思います。

格安SIMに乗り換え時に、大手キャリアで使っていたスマホをそのまま使いたいと思うけど、解約と同時に補償も終わってしまいます。

でも安心してください、IIJmioでは他キャリアで購入したスマホでも、補償をしてくれる「つながる端末補償」が用意されています

これなら、乗り換え時にスマホを買い替える必要もなく経済的ですね。

そんな「つながる端末補償」について、詳しく紹介していきます。

sponsored link

IIJmioのつながる端末補償なら画面割れや水没にも対応!

IIJmioのつながる端末補償とは

出典:IIJmio

たとえば、ドコモなどの大手キャリアから格安SIMに乗り換えるとき、それまで使っていたスマホをそのまま利用したいといった方も多いと思います。

万が一、スマホが故障したり画面を割ってしまったときのために、補償に入っている方も多いはず。

ただし、ドコモで端末の補償に入っていたとしても、補償は解約時に終了するため、解約後はドコモの補償が受けられないことになります。

そんな悩みを解消するために、IIJmioでは他社で購入したスマホも補償できるように用意されているのが、「つながる端末補償」です。

IIJmioのつながる端末補償の補償内容は

出典:IIJmio

それでは、IIJmioの「つながる端末補償」の補償内容について紹介していきます。

まず、補償の範囲ですが、

  • キャリア、SIMフリー問わずAndroid端末とiPhoneを保証
  • 画面割れはもちろん、水没や全損・部分破損に対応
  • 購入から1年が経過した端末も保証

と広範囲でカバーしてくれるので、とても安心です。

補償外となるのは、盗難と紛失くらいです。

「つながる端末補償」の利用料金は、月々500円とキャリア並みの利用料金となります。

補償サービス利用時の代金は、

  • 修理代金:無料
  • 交換代金1回目:4000円
  • 交換代金2回目:8000円

修理と交換合わせて1年に2回まで利用可能で、保証上限金額(50,000円)を超える場合は、その差額を請求されるかたちとなります。

IIJmioのつながる端末補償の申し込み方法

もしもの時に役に立つ、「つながる端末補償」の申し込み方法ですが、IIJmioのSIMカードを申し込む際に、モバイルオプションの一覧から「つながる端末保証」を選択することで申し込みができます。

ここで注意が必要なのは、あとから「つながる端末保証」に加入することは出来ないことです。

必ずSIMカードの申し込みと同時に、「つながる端末保証」に申し込んでください。

そして、申し込み後に、自分で専用WEBページにて保証を適用したい端末のIMEI情報を登録することで、端末の補償が有効となります。

IMEIは端末が持つ固有の番号のことで、必ず固有の番号を持っています。

IMEI情報の確認方法は以下のページを参照してください。

IIJmioのつながる端末補償の注意点

端末補償を受けるうえで、注意点がいくつかあるので紹介します。

  • 対象端末の付属品・消耗品は補償の対象外
  • 非正規(違法)の方法によりSIMロックが解除された端末
  • 日本国外のみで販売されている端末
  • 修理・加工・改造・過度な装飾がされている端末

上記内容に該当する端末は、補償の対象外となるので注意してください。

また、重ねて書きますが、IIJmioのSIMカードを申し込む際に申し込みしないと、後から申し込みできないので、忘れずに申し込みしてください。

まとめ

格安SIMに乗り換えを検討しているけれど、いろいろと不安なことがあるかと思います。

今回の端末の保障についても、そういった不安の一つだと思います。

IIJmioなら、前のキャリアで使っていた端末をそのまま使っていても、ちゃんと補償が受けられるので安心ですね。

 

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安SIMのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安SIMユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link