うたたねの時間

メカニカルキーボードの軸色を迷っているならテスターがおすすめ

time 公開日:2018/06/17

メカニカルキーボードが欲しいけど、どの色の軸にしようかなんでいる人もいるはず。

実物のキーボードを試したいけど、近くにお店がないという人におすすめなのが、キーボードテスターです。

今回は、息子に頼まれてキーボードテスターを購入してので、レビューしてみます。

sponsored link

LANCERTECHのメカニカルキーボードテスターが秀逸

メカニカルキーボードテスターを購入

メカニカルキーボードを購入するにあたって、悩むのが軸の色。現在は、様々な色の軸が展開されています。

自分が気に入ったタッチ音のキーボードを選ぶには、やはり音を聞くのが一番ですよね。

YouTubeでもレビュー動画がたくさん投稿されていますが、やはり本物が聞いてみたくなってきます。

息子もメカニカルキーボードの動画をいつも眺めているのですが、ある日欲しいものがあると言ってきたのが、このLANCERTECHのメカニカルキーボードテスターでした。

LANCERTECHのメカニカルキーボードテスターには、おなじみのドイツCHERRY社が製造する、チェリーMX スイッチの動作をシミュレータできるスイッチテスターとなります。

AmazonにLANCERTECHのストアがるので、今回はそこで購入しました。

メカニカルキーボードテスターはこんな感じ

今回購入したのは、赤軸と青軸のメカニカルキーボードテスターです。電源はボタン電池で動くようになっています。

キーホルダーがついているため、アクセサリーとして持ち運びも可能となっています。

メカニカルキーボードテスターには、携帯用の袋も付いています。結構しっかりとした袋なので、カバンに入れても袋に穴が開く心配もありません。

まずは、赤軸のテスターをクリックしたところ。赤色のLEDがしっかりと光ります。

次は、青軸のテスターをクリックしたところ。きれいな青色のLEDが点灯します。

赤軸、青軸をクリックする動画を撮ってみましたが、動画だとあまり音の違いが伝わりませんが、とりあえず載せておきます。

でも、実物だと、軸によりクリックしたときの音の違いがはっきりとわかります。赤軸は大人しめ、青軸はメカニカルキーボードならでなのカチカチ音を楽しめます。

軸の色は6色から選べる

今回購入したのは、赤軸と青軸ですが、それ以外にも黒軸、緑軸、非線形灰軸と定番の茶軸が用意されています。

値段も1つ899円からとお手頃なので、悩んでいる軸色を揃えても、それほど負担にはならないと思います。

まとめ

今回は、LANCERTECHのメカニカルキーボードテスターをレビューしましたが、息子もキーボードの購入でどの軸色にしようか迷っていて、YouTubeで動画を見ていたのですが、いまいちしっくり来なかったようです。

今回このテスターを購入したことで、欲しい軸色が決まったといっていました。

本物のキーボードは、物によっては2、3万近くするものですから、実物を購入する前に音を確認していれば、思っていた音と違うなんてこともないと思います。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link