MENU
ガジェット

Wi-Fi6対応ルーターと子機なら無線LANでもゲームがサクサク!

Wi-Fi6対応ルーターと子機なら無線LANでもゲームがサクサク!

ノートパソコンやゲーミングPCを、無線LANを使って家のネットに接続している方も多いと思います。

無線LANの電波状況が良ければ、気になることもありませんが、ルーターの場所によっては、電波が届きづらい場所もでてきます。

そんな無線LANに、これまでより2倍以上も早い、Wi-Fi6という新しい規格が登場しました。

この記事では、Wi-Fi6の簡単な説明とおすすめのWi-Fi6対応機器を紹介しています。

家のWi-Fi環境改善の参考にしてみてください。

Wi-Fi6対応ルーターと子機なら無線LANがもっと早くなる!

Wi-Fi6対応ルーターと子機なら無線LANがもっと早くなる!

そもそもWi-Fi6ってなに?

普段何気なく使っている無線LANですが、実はたくさん規格があるのをご存知でしょうか。

まずは、無線LANの規格をわかりやすく表にまとめたのでご覧ください。

Wi-Fi規格名最大通信速度周波数呼び名
IEEE 802.11a54Mbps5GHz 帯
IEEE 802.11b11Mbps2.4GHz 帯
IEEE 802.11g54Mbps2.4GHz 帯
IEEE 802.11n600Mbps2.4GHz 帯
5GHz 帯
Wi-Fi 4
IEEE 802.11ac6.9Gbps5GHz 帯Wi-Fi 5
IEEE 802.11ax9.6Gbps2.4GHz 帯
5GHz 帯
Wi-Fi 6

最大通信速度は理論値なので、実際の環境ではもっと遅い速度となります。

現在は、11acと呼ばれるWi-Fi5という規格が主流となっていますが、さらに新しいWi-Fi6という規格が誕生しました。

Wi-Fi5とWi-Fi6の違いは、

  • スピードが速い
  • 同時接続でも速い
  • 端末のばってりーの持つが良くなる

といったように、3つのメリットがあります。

特に家庭でのメリットとしては、同時接続でも速いところだと思います。

道路に例えると、これまでのWi-Fi5は1車線道路でしたが、Wi-Fi6の場合、端末の分だけ車線があるイメージです。

Wi-Fi5の場合、1台の端末が通信していると、他の端末は通信待ちが発生していました。

しかし、Wi-Fi6のだと複数端末が同時に通信できるため、速度が速く感じることができるのです。

このように、Wi-Fi6はこれまでよりももっと快適にインターネットを楽しむことができる規格なのです。

Wi-Fi6に対応するためにはどうすれば良いの?

Wi-Fi6対応ルーターと子機なら無線LANがもっと早くなる!

無線LAN環境を快適にしてくれるWi-Fi6ですが、何もせずに勝手にWi-Fi6になるわけではありません。

無線LANは、無線の電波を送るルーターという機械と、電波を受信するための子機の組み合わせで通信を行います。

そのため、ルーター側をWi-Fi6対応に交換しても、電波を受信する子機が対応していないと、Wi-Fi6での通信はできません。

そのため、Wi-Fi6に対応するためには、ルーターと子機をWi-Fi6対応の製品に変える必要があります。

子機の中にはスマホも入っていて、スマホもWi-Fi6に対応したスマホを選ぶ必要があります。

おすすめのWi-Fi6対応ルーター

それでは、Wi-Fi6に対応したおすすめの機器を紹介していきます。

まずは、電波を送る側のルーターでおすすめのモデルです。

TP-Link Archer AX6000

Archer AX6000

まずは、TP-LinkのArcher AX6000です。

TP-Linkは、高性能なWi-Fi関連の製品を発売することで人気のメーカーです。

速度は4804 Mbps (5 GHz) + 1148 Mbps (2.4 GHz)と、快適な速度をたたき出します。

設定も専用のアプリで簡単に行えます。

アンテナも8本あるので、家中広い範囲に電波を届けることができます。

TP-LinkのArcher AX6000は、ミドルタイプでおすすめの1台です。

TP-Link Archer AX50

Archer AX50

続いては、TP-LinkのArcher AX50です。

最初の1台と同じくTP-Linkから発売されているルーターです。

速度は2402 Mbps(5 GHz)と574 Mbps(2.4 GHz) と、Archer AX6000の半分ということで、エントリーモデルとなります。

エントリーモデルとはいえ、1つ前の規格である11ac(Wi-Fi5)の速度1733Mbps (5 GHz)よりも十分速い速度がでます。

1万円前半で購入できるので、手軽に無線LANの速度アップを図りたい方におすすめです。

バッファロー WXR-5950AX12

WXR-5950AX12

最後は、バッファローのWXR-5950AX12です。

速度は4804 Mbps (5 GHz) + 1148 Mbps (2.4 GHz)と、Archer AX6000と同様に快適な速度となっています。

一番の特徴が、有線LANの入力・出力ともに、10Gbpsに対応していること。

これにより、スマホなどは無線LANで、回線速度命の格闘ゲームをゲーミングPCでやる場合は有線LANと、使い分けることが可能です。

無線LANだけでなく、高速な有線LANも同時に使い方には、バッファローのWXR-5950AX12がおすすめです。

おすすめのWi-Fi6対応子機

TP-Link Archer TX3000e

ArcherTX3000e

まず最初は、ルーターでも紹介しているTP-Link ArcherのTX3000eです。

速度は2402 Mbps (5 GHz)+ 574Mbps (2.4 GHz)となっています。

インターフェイスはPCI Expressとなっているため、デスクトップPC用の子機となります。

ルーターと一緒に買うと相性が良くて、通信速度も速くでるのでおすすめです。

Ziyituod ZYT-AX200

ZYT-AX200

続いては、ZiyituodのZYT-AX200です。

速度は2400 Mbps (5 GHz)+ 574Mbps (2.4 GHz)となっています。

こちらもインターフェイスはPCI Expressとなっているため、デスクトップPC用の子機となります。

Amazonでもレビューが多く評価も高いので、おすすめの1台です。

ちなみに、サクラチェッカーも合格となっているので、評価も信頼できると思います。

Wi-Fi6対応で無線LANがもっと早くなるまとめ

今回は、家での無線LAN環境を良くするためにWi-Fi6についていろいろと紹介してきました。

まだ新しい規格なので、対応機器も今一少ないのが現状です。

特に子機の場合、デスクトップPC用の機器しか今は発売されていないため、ゲーミングPCを無線LANで繋いでゲームをやっている方向けとなります。

デスクトップ型のゲーミングPCを無線LANで使っているかは、Wi-Fi6の恩恵が得られるので検討してはいかがでしょうか。

COMMENT

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です