うたたねの時間

FunCeeのBluetoothイヤホンはランニングも普段使いにも最適

time 更新日:2018/12/23

これまでずっと、ケーブルタイプのイヤホンを使っていたのですが、ランニングするときなどもケーブルが邪魔で、走っているときに、ケーブルに引っ掛けて外れることもしばしば。

そのため、Blutoohで接続できるワイヤレスタイプのイヤホンを購入してみました。

初めてのワイヤレスイヤホンということで、購入するまで半信半疑でしたが、使ってみて最高に満足しています。

やはりケーブルに縛られない自由は、体験してみないとわからないですね。

普段、パソコンで作業しながら音楽を聴いているときや、動画を見ているときも、自由に移動ができるのでととも快適です。

もともとランニング目的で買いましたが、普段の生活でもFunCeeのBluetoothイヤホンが活躍しています。

値段はお手軽価格ですが、結構使い勝手が良いので紹介したいと思います。

sponsored link

Amazonで買ったFunCeeのBluetoothイヤホンはランニングに最適

買ったBluetoothイヤホンはこれ

今回、Amazonで購入したイヤホンは、このFunCeeというメーカーから出ている商品です。

とりあえず、目的もなくイヤホンを物色していたところ、目に止まったのがこのイヤホンでした。

Bluetoothイヤホンは多数あるのですが、首に掛ける形で、カナルタイプ以外で、左右対象のものというと結構絞られてきます。

その中でも、形が好みてお手頃な価格だったのが、このイヤホンでした。

カナルタイプは没入感はあるのですが、その点ランニング中は外の音が全く聞こえず、危ない場面もあるので、購入対象から外しています。

その他のイヤホンと比較したのですが、結局コレに決定。Amazonでポッチってから、3日くらいで到着しました。パッケージはこんな感じです。

パッケージにもAthlete(アスリート)の文字があり、運動に対応したイヤホンであることがわかります。

このイヤホンは、IPX5の完全防水仕様で、運動中の汗や雨程度では故障することもありません。

パッケ時の中身は、本体と充電用のUSBケーブルと説明書が入っていました。

Bluetoothのペアリング方法も簡単

開封の儀もそこそこに、さっそくBluetoothでのペアリングを試みました。ペアリングはとても簡単で、問題なく終了しました。

手順は以下の画像のとおりで、まずはマルチファンクションボタンと呼ばれる小さい方のボタンを長押しします。

すると、パイロットランプが青と赤の点滅をはじめて、ペアリングモードに入ります。

ペアリングモードに入ったら、スマホの設定からBluetoothを選び、表示されている「C3」を選択すれば、あとは勝手にペアリングしてくれます。下の図は、iOSでの設定方法になります。

ペアリング操作は、ものの1分もかからないうちに終わります。

Windows10のパソコンでもペアリングを行いましたが、あっさりとペアリングが終わり、悩むことがありませんでした。

ただ、Bluetoothの設定場所がわかならいと悩むかもしれません。

まず、windowsの設定画面を開きます。そこで、赤枠に部分のデバイスを選択します。

次に、表示された画面で、赤枠に囲まれている部分を選択して、デバイスの追加を行います。

イヤホンのマルチファンクションボタンを長押しして、ペアリングモードに入っている状態で、赤枠に囲まれたBluetoothと書かれた部分を選択することで、あとは自動でペアリングが終了します。

こんな感じで自分が使う端末とペアリングを行ってください。

イヤホンの音質も問題なし

ペアリングが上手くいったので、さっそく音楽を聴いてみたのですが、多少重低音が軽い感じがしますが、音飛び等もなく聴こえます。

音にこだわる方にとっては、まったく物足りない音だとは思いますが、費用対効果といったところで、個人的には十分な音質だと思っています。

良い音で聴きたい方は、こういったイヤホンは選ばないとは思いますが。

ランニング中も邪魔にならない

問題のランニングでの使用感ですが、これまではスマホにイヤホンを繋いで、スマホ本体をポケットに入れながら走っていいたのですが、走っているとケーブルに当たって、イヤホンが耳から外れることもありましたが、このイヤホンでは、まったく引っかかることがありません。

また、走っている最中の振動でイヤホンが外れることもありませんでした。

多分ケーブルの重さで引っ張られたり、揺れたりすることがないので、イヤホン部分に負担が掛からないが理由だと思います。

これで、ストレスなくランニングができるようになりました。

ココらへんは、個人の耳の形状などによって異なります。earpodsなどが合わない方は、カバーを付けると装着具合が向上すると思います。

操作も簡単で通話も受けられる

リモコンの操作ボタンは2つのみで、短いボタンがマルチファンクションボタンで、再生・停止が可能です。

長い方のボタンは、ボリュームボタンで、短く押した場合は音量の上げ下げができ、長押しした場合は曲を送ったり戻したりすることができます。

また、電話がかかってきた場合、マルチファンクションボタンを一回押せば通話開始で、もう一回押すと電話を切ることができます。

まとめ

これまで、長い間有線のイヤホンをずっと使っていましたが、今回Bluetoothイヤホンを購入して、その便利さにと快適さに驚きました。

確かに、充電をしなければならない不自由さもありますが、慣れてしまえばたいした問題ではありません。

無線で音を飛ばす以上、音質はある程度有線に劣る部分もあるかもしれませんが、普段使いやランニングでの使用ではまったく問題ないですね。

私と同じように迷っている方がいたら、ワイヤレスの世界に足を踏み込んでみるべきだと思います。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link