うたたねの時間

ドコモの端末のままIIJmioに乗り換えた後はAPNの設定が必要

time 更新日:2019/10/25

キャリアから格安スマホへ乗り換えるときに、今まで使っていた端末そのままで、乗り換えることを検討している方も多いと思います。

格安スマホに乗り換えた際に、必要となるAPNの設定について、ここでは、IIJmioに乗り換えたときの例をもとに、乗り換え後に必要な設定についてご紹介します。

ちなみにどの格安スマホでも、設定方法は同じです。

タイトルでドコモの端末と書いてはいますが、ドコモの端末に限った話ではなく、au、ソフトバンクの端末を利用する方も同様となります。

sponsored link

ドコモの端末のままIIJmioに乗り換えた後はAPNの設定が必要

そもそもAPNとは?

APNとは、携帯端末でデータ通信するための接続先情報のことで、格安スマホでインターネットに接続する際に必要となる設定です。

APNは、英語で“アクセスポイント名”を意味する「Access Point Name」の略です。

その名の通り、この設定によって、携帯電話回線から他のネットワークへの接続先を指定しています。

通常、ドコモやauなどキャリアの携帯端末には、あらかじめこのAPNが設定されています。

そのためユーザは気にすることなく、その事業者のネットワークを経由してインターネットに接続できます。

キャリアの端末を格安スマホにて使う場合、対応する格安スマホ会社のAPNを端末に設定することで、電話もインターネットも使えるようになります。

APNの設定方法

それでは、APNの設定方法を紹介します。

ここでは、androidのバージョンは8.0でのスクリーンショットとなります。

バージョンが7以前だと、設定の項目の位置が若干変わるので、注意してください。

まずは、IIJmioのsimカードを本体に挿して端末を起動したのち、アプリの一覧を表示し、「設定」を選択します。

次に、「ネットワークとインターネット」を選択します。

次に、「モバイルネットワーク」を選択します。

次に、「アクセスポイント名」を選択します。

APN画面にて、「+」を選択します。

ここで、「IIJmio」が表示されている場合は、「IIJmio」を選択すれば終了です。

アクセスポイントの編集において、以下の必要事項を入力します。

  • 名前:IIJmio
  • APN:iijmio.jp
  • ユーザー名:mio@iij
  • パスワード:iij
  • 認証タイプ:PAPまたはCHAP(このままの項目があります)

必要事項の入力が終了したら、「保存」を選択して情報を保存します。

ここで、「IIJmio」を選択すれば、無事にIIJmioのネットワークに接続できます。

以上が、キャリアの端末を格安スマホで使う場合に必要な初期設定となります。

まとめ

ANPの設定は、それほど難しい設定ではありませんが、どうしても自信がない方は、キャリアの端末を使うことをあきらめて、IIJmioで販売しているsimフリー端末の購入をおすすめします。

IIJmioで販売しているsimフリー端末であれば、初期設定は不要で、simを挿入するだけで使えるようになります。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link