うたたねの時間

【格安スマホ】IIJmioの料金プランはとてもシンプル!

time 更新日:2019/10/25

ドコモ、au、ソフトバンクなどの大手通信会社を利用していて困るのは、プランがたくさんありすぎて、自分にどのプランが合っているのかがわかりずらいところだと思います。

通話プランやデータプランを別々に選ばなけれいけない上に、家族割とかいちねん割引きとか、割引もいろいろある割には、どれが適用されるのかもわかりません。

そんなプランの選択を悩みたくない方に、IIJmioはおすすめです。

IIJmio(みおふぉん)

sponsored link

IIJmioの料金プランはシンプル

IIJmioの通話機能付き料金プラン

IIJmioの通話機能付き料金プランはとてもシンプル。

下の表を見てもらえばわかる通り、3つのプランしかありません。

プラン データ通信容量 利用料金
ミニマムスタートプラン 3GB 1600円
ライトスタートプラン 6GB 2220円
ファミリーシェアプラン 12GB 3260円

これを見ると、データ通信容量が12GBと少なく感じる方もいるかと思いますが、20GB、30GBのデータ通信容量を追加できるオプションが用意されています。

オプションの料金は、20GBが3100円、30GBが5000円での追加となります。

IIJmioとドコモで利用料金を比較

最安プランの場合

ドコモの場合、基本の通話プランが1700円、最低のデータプランが2GBで3500円、インターネット接続料300円と合わせると、月々5500円となります。

IIJmioの場合、3GBのミニマムプランが1600円のみとなります。

その差は、3900円と断然IIJmioの方がお得となります。

データ通信容量を30GBとした場合

ドコモの場合、一人で契約できる最大は30GBですが、料金は8000円かかります。

通話プラン980円、インターネット接続料300円と合わせると、月々9280円かかります。

IIJmioの場合、12GBのファミリーシェアプラン3260円と20GBオプションの3100円で、月々6360円となります。

その差2920円で、さらにIIJmioの方がデータ通信容量が2GB多くなります。

ここまでの料金比較は、端末は無視した料金比較となります。

端末を新規で購入する場合、IIJmioが扱うsimフリー端末より、ドコモの方が端末が高いため、月々サポートが付いたとしても、さらに料金が高くなります。

IIJmioの方がだんぜん安い

ここまでの料金比較を見ていただいたとおり、どのプランでもIIJmioの方が断然安くなります。

データ通信速度は、ドコモにはかないませんが、日中インターネットの閲覧が少なく、家のwifiに接続して見ることが多い方には、IIJmioはおすすめです。

今の通信料金が高くて困っている方は、検討してみてはどうでしょうか。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link