うたたねの時間

子供が手足口病に!家族の感染を防ぐならこれ1つあれば大丈夫!!

time 公開日:2019/08/10

手足口病 感染予防

近年、猛威を振るっている手足口病。

気温があがり、学校や保育園などでも手足口病の話が続々と聞こえてきます。

手足口病は感染力が強いため。子供がかかるとその兄弟まで手足口病にかかることが多いのが問題です。

最近では、大人への感染も多く、特に大人がかかると症状が子供よりも強くなる傾向があります。

私の親戚も、保育園で長女が手足口病にかかったことを発端に、弟、母親、看病に来たおばあちゃんまで感染が広がっています。

特に女性は口内炎の症状が酷くなる場合があり、親戚は口から喉にかけて酷い口内炎ができ、痛みで食事もままならない状態になったとか。

そんな手足口病の家族間感染を防ぐ方法について紹介していきます。

子供が手足口病になったとき家族間の感染を防ぐには

手足口病は何度もかかる

手足口病は、インフルエンザなどと違い、1度治っても何度も繰り返す病気です。

その原因は、手足口病のウイルスが複数存在し、1度かかったウイルスと違うウイルスの場合、抗体が効かずに再度手足口病にかかってしまうということ。

そのため、治ったと思って安心しても、また別のウイルスで手足口病にかかるという面倒な病気なのです。

手足口病は家族にもうつる

手足口病は、発症した子供や大人からのウイルスにより感染を広げていきます。

手足口病の感染方法は、くしゃみなどの際に出る飛沫によって感染する「飛沫感染」と、ウイルスが付着した場所や物を手で触れることで感染する「接触感染」が主な感染経路です。

また、回復後も口から1〜2週間、便から2〜4週間にわたってウイルスが排泄されるので、おむつなどの交換後に汚染された手指を介して感染が広がります。

そのため、手足口病にかかった子供を看病している親や、近くにいる兄弟に次々とうつって行くのです。

手足口病の家族間での感染を防ぐには

手足口病に家族がかかってしまった場合、感染を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。

それは、インフルエンザなどと同じように、手洗いうがいをしっかりし、マスクなどをつけて予防する方法が一般的な感染予防となります。

とはいえ、子供の場合、どこを触るかわからず、手洗いやうがいをしたとしても、完全に防ぐことは難しいのが現状です。

問題は、部屋の中にウイルスが存在しているということ。

部屋の中にウイルスが存在しているかぎり、手足口病の感染リスクはなくなりません。

そこでおすすめするのが、ウイルスを根本的に除去してくれる次亜塩素酸水のZiACO(ジアコ)です。

ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】

次亜塩素酸水のZiACO(ジアコ)とは

次亜塩素酸水のZiACO(ジアコ)とは、空気中に浮遊するウイルスや、壁やドアノブに付着するウイスルを迅速に除去する効果がある液体のこと。

下の図は、次亜塩素酸水のZiACO(ジアコ)のウイスル除去効果を示したグラフです。

そのままではほとんど除去されないウイルスが、ZiACO(ジアコ)を使うことで、浮遊ウイルスが20分で99%以上も除去されていることがわかります。

このように、ZiACO(ジアコ)を使うことで、感染の元になるウイルスを除去し、手足口病の感染リスクを大幅に抑えることができることがわかります。

ZiACO(ジアコ)の詳細は、「次亜塩素酸水のZiACO(ジアコ)ならウイルス除去効果は99%以上!」で紹介しているので、参考にしてみてください。

そんなZiACO(ジアコ)ですが、現在無料で約1週間お試しすることが可能です。

(※地域によっては対応していない場合があります。)

まずは、使い勝手を確認するために、無料お試しから始めてみてはいかがでしょうか。

子供が手足口病にかかる前から使うことが、感染予防に効果的です。

ZiACO(ジアコ)の【無料お試し】

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。