うたたねの時間

ドコモからMNPで転出する方法(オンライン)と手数料まとめ

time 更新日:2019/10/25

長年使っていたドコモ。20年以上使っていても大した優遇もなく、利用料が高いこともあり、子供が大きくなっていろいろと負担が増えてきたため、格安スマホに乗り換えることにしました。

格安スマホへの乗り換えに限ったことではないですが、他社へ乗り換える際は、現在契約しているドコモからMNPで転出する必要があります。

今回はMNP転出の手続き方法について説明したいと思います。

sponsored link

ドコモのMNP転出方法について

MNP方法の種類

ドコモからMNPで転出するには、以下の方法があります。

  • 店舗で対面で行う
  • 151に電話する
  • オンラインで行う

店舗で行うには待ち時間がかかるのと、店舗と電話で行う際は、担当になる人によっては、引き留めが入るとの話があるので、今回はオンラインで手続きを行うことにしました。

まず妻の分からオンラインでMNP転出の手続きを行いましたので、その際の手順を紹介します。

My docomoでの手続き

まずは、My docomoへログインします。My docomoへのログインにはdアカウントが必要になりますので、dアカウントをお持ちでない方は、以下のページを参考にdアカウントを作成してください。

ドコモの解約金と格安スマホへの乗り換えタイミングについて

My docomoにログインしたら、上部にあるメニューから「契約内容・手続き」を選択します。

契約内容・手続きのページに移動したら、画面を下へスクロールします。

「ドコモオンライン手続き」のボタンがあるので、クリックしてください。

ドコモオンライン手続きのページに移動したら、また、画面を下へスクロールします。

「携帯電話番号ポータビリティ予約(MNP)」のボタンがあるので、クリックしてください。

やっとMNPの手続きページにたどり着きました。

ここから手続きを始めることになります。

表示された画面を下にスクロールすると、「解約お手続き」のボタンがあるので、クリックしてください。

途中引き止めるための記載がいろいろありますが、まったく魅力のない話ばかりですので、一気に下までスクロールしましょう。

通常、先に進むボタンは目立つ色を使うものですが、手続きのボタンは背景色が目立たない色となっているので、間違えないようにしましょう。

ここからしばらくは、MNP時の注意事項が延々と表示されます。

まず、dポイントについての説明が表示されます。

dアカウントを用意していないと、MNP時にポイントが0になる説明が書かれていますが、すでにdアカウントは取得済みですので問題ありません。

画面を下にスクロールして、確認のチェックボックスにチェックを入れ、次へのボタンをクリックしてください。

ここで注意事項にMNPの手数料についての記載があります。

ポイントは3つです。

  • MNP転出の手数料は2000円
  • MNP有効期限が過ぎたら無効となり、手数料はかからない
  • 携帯電話の購入を伴わない新規契約から、90日以内にMNP転出を行う場合、手数料5000円

次は、解約時にかかる手数料等の金額が表示されます。

移行期間外であれば、9500円(税抜き)がかかることになります。

解約のタイミングについては、「ドコモの解約金と格安simへの乗り換えタイミングについて」を参考にしてください。

画面を下にスクロールして、確認のチェックボックスにチェックを入れ、次へのボタンをクリックしてください。

次は、MNP予約番号についての説明が表示されます。

ここでも、画面を下にスクロールして、確認のチェックボックスにチェックを入れ、次へのボタンをクリックしてください。

ここからやっと、MNP転出手続きが始まります。

PC操作に慣れた方であれば、ここまでそれほど時間がかからずに到達しているかと思います。

それではMNP転出の手続きを進めていきましょう。

と思いきや、最後の引き留めがもい1回やってきます。

ただし、この引き留めは対象となっている人のみに表示されるようで、私は対象だったようです。

引き止めの内容は、151に電話することで、機種変更する際に使える特別dポイントが、最大で20,000ポイントもらえるものです。

もらえるポイントは、人によって異なるようです。

私は、ドコモへの未練を断ち切っているので、MNPの手続きを進めることにします。

いつもどおり画面を下にスクロールして、「MNP手続きを続ける」のボタンをクリックしてください。

やっとMNPの手続きが始まります。

ここでは、手続き内容と受付確認メールの送信先を指定します。

手続き内容にはチェックが入っていること、受付確認メールの送信先を選択して、次へのボタンをクリックしてください。

手続き内容の確認画面が表示されますので、内容を再度確認します。

内容確認後、画面下にある「手続きを完了する」のボタンをクリックしてください。

この画面が表示されれば、手続きは終了です。

格安スマホを新たに契約する場合は、数字10桁の予約番号が必要になります。

ちなみに、ドコモから送られてくるメールの内容は、以下の内容になります。

予約番号を忘れてしまった人は、メール内のリンク先から確認することができます。

予約番号は発行日を含めて15日間有効となります。格安スマホへ乗り換える際は、格安スマホ会社によって予約番号の残り有効期間が異なるため(IIJmioの場合は7日以内)、早めに契約手続きを行ってください。

万が一期限が切れた場合は、MNPの手続きが無効になるだけで手数料も取られないので、再度MNPの手続きをしてもらえれば問題ありません。

ここまでドコモからのMNP転出手続きについて、長々と紹介してきましたが、格安スマホへの乗り換えを行う際の参考になれば幸いです。

sponsored link

down

コメントする




管理人

うたたねアフロ

うたたねアフロ

ドコモから格安スマホのIIJmioに乗り換えてスマホ代がかなり安くなったので、格安スマホユーザを広めていきたいと思います。
また、ガジェットなどのレビューやお得なサービスについても紹介していきます。



sponsored link